戻る


              Yeastcidin(イーストサイジン)に付いて

          *天然花酵母への思い
          *Yeastcidin(イーストサイジン)について
                                      


     当主が学生時代(東京農大)に、今では天然花酵母分離に必要不可欠と
    される抗菌性物質 Yeastcidin(イーストサイジン)の研究をしておりました。

     人工的ではなく、自然の力(パワー)を求め続けてきた当主にとって、
    天然の花酵母(はなこうぼ)は、待ちに待ったからの贈り物となったのです。

    Yeastcidin(イーストサイジン)とは?

    麹菌(Aspergillus oryzae)をある一定の条件下で培養すると生産される抗菌性物質で、
    通常の醸造過程では生産されないという不思議な物質です。

    Yeastcidin(イーストサイジン)環境下では、清酒酵母以外の醸造酵母、たとえば
    ビール酵母、焼酎酵母、ワイン酵母、アルコール酵母、パン酵母等(他の野生酵母も
    含め)は増殖することが出来ません。

    つまり、清酒酵母のみがYeastcidin(イーストサイジン)に対して抵抗性を有し、生き残
    ることが出来るというわけです。
    この性質を応用することにより、世界で初めて、自然界から天然の優良花酵母を分離 
    する事が出来る様になったのです。
    
    

                        
      
                           戻る